LINEで送る
Pocket


スポンサーリンク

まとまりにくいなどの緩い癖毛から強い縮毛まで、色々な癖でお悩みの女性は多いと思います。

「梅雨の時期は湿気で、ぼわぼわになるし、雨や風邪が吹くと憂鬱。汗をかくと元に戻ってしまうし…」

「ブローしてもすぐ戻るし、そもそも普通のブロー程度じゃ解決出来ない!」

そんな悩みも少しのコツで軽減出来る様になります。


♡説明に入る前にひとつだけ言葉を覚えてね♡

  • 【テンション】…ブラシなどで、髪の毛を軽く引っ張ること

ブローで癖を伸ばす

ブローしてもらう女性

緩い癖などに有効な一番スタンダードな方法です。

ただブローで伸ばすと言っても、ドライヤーを普通にあてるだけでは癖は伸びません。まずは髪をブローローションなどでしっとりとさせます。

「水じゃだめなの?なぜブローローションを使うの?」

と疑問に思う方もいるかもしれません。

なぜ、ブローローションを使うべきなの?

髪が濡れている状態と言うのは非常に摩擦に弱く、痛みやすい状態です。

ブローローションには

  • 髪を保護する成分(洗い流せば落ちる水溶性のシリコンや油)
  • 熱に反応して髪を保護してくれる成分

などが配合されています。

髪を保護すると同時に、シリコンなどで伸ばした状態を長く保つ為にもブローローションは必須です。

ブローローションを使ったブローのポイント

まずは、しっとりした状態のまま、ブラシでテンションをかけて、まっすぐ引っ張りながらブローしていきます。この時、注意するのは乾いた状態でやらない事です。(乾いた状態でブローしても伸びません)

次に、つやを出す為、キューティクルに添う様、上から下にドライヤーを当てます。

その後、テンションをかけたままドライヤーを冷風に切り替えて冷やします。髪は冷める際に形を保とうとするので、この手間を惜しまない事でセットした髪を長持ちさせることが出来、同時にキューティクルも生まれます。

さいごに、必要であればケープなどで固定し、ドライヤーで温め、その後同じ様に冷風で固定します。

普通のブラシより、ブラシが二つ向かい合っている髪を挟み込む様にして使う、ツインブラシの方がオススメです。

こちらは美容室で矯正をする際などにも使う定番のアイテムで、テンションもかけやすく扱い安いです。値段も2000円程度と高価なものではないので一つ手に入れておくと便利なアイテムですよ。

おさらい♡

  1. ブローローションなどで髪の毛をしっとりとさせる
  2. しっとりした状態のまま、ブラシでテンションをかけてまっすぐ引っ張りながらブロー
  3. キューティクルに添う様、上から下にドライヤーを当てる
  4. テンションをかけたままドライヤーを冷風に切り替えて冷やす
  5. ドライヤーで温める⇒その後、同じ様に冷風で冷やす
  6. ブラシは普通のブラシより、ツインブラシがおすすめ

ヘアアイロンで癖を伸ばす

コテを使って、髪を伸ばしてもらっている女性

癖の強い方、まっすぐなスタイルを希望の方はこちらの方が確実です。

非常に高温で伸ばす事も出来るアイテムですが、設定温度を間違えれば髪の毛がすぐに痛んでしまうアイテムでもありますので気をつけて使用しましょう。

ヘアアイロンって沢山種類があるけど、どれを選べばよいの?

価格的にも3000円程度~3万円と非常に値段の幅も広いです。

高級なアイロンを使うと伸びやすい!と言うよりも、その殆どが美容室用のプロ専用アイテムで、何よりも耐久性が違います。

安いからと言って伸びないないわけではありませんが、低価格の物はバネが緩くしっかりとはさみこめなかったり、温度設定が自由に決められず決まった温度のプリセットしか選べないものもあります。

ヘアアイロンを使用して髪の毛を伸ばす時のポイント

ヘアアイロンを使う際は、ブロー時と違い「かならず髪を乾かしてから使用する」事です。

ヘアアイロンが出す熱はドライヤーより非常に高いので、濡れた状態で使うと髪の水分が沸騰し、あっと言う間に痛んでしまいます。ブローローションなどを使う際も、一旦乾かしてから使用しましょう。アイロンを使用した際に髪から湯気が出たら要注意サイン!しっかりと髪が乾いていない証拠です。

ブローと同様、しっかりと髪にテンションをかけた状態で挟み込み、ゆっくりとずらしていきます。

あまり同じ部分に長時間あてていると髪が痛みますので、160度程度で一気にやってしまうのが安心です。

180度となると、美容師さんが縮毛矯正で伸ばす温度です。かなり痛んでしまうので出来るだけ温度は上げすぎない様にしましょう。

おさらい♡

  1. ヘアアイロンを使う際は、必ずかならず髪を乾かしてから使用する事!
  2. しっかりと髪にテンションをかけた状態で挟み込み、ゆっくりとずらしていく
  3. 160度程度で一気に伸ばしてしまうのがベスト!

さいごに

いかがでしたでしょうか。成功した場合、一番ストレスがないのは縮毛矯正ですがプロでも非常に難しい技術です。

値段や施術の拘束時間、下手な美容師さんに当たる確率…上手な店はどこ…?探すのも一苦労です。

まずは手軽に、自宅で出来る方法で癖を伸ばす所からチャレンジしてみてはいかがでしょうか。


♡くせ毛を伸ばす為のおすすめアイテムを探す♡

「ブローローション」を検索 【Amazon】【楽天ショップ

「ツインブラシ」を検索 【Amazon】【楽天ショップ

「ヘアアイロン」を検索 【Amazon】【楽天ショップ

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
Every Girl [エブリガール]

Every Girl [エブリガール]

すべての女子が、毎日みたくなる、みんなでつくるサイトを目指しています!